2013-01-15

NPO法人 子どもへのまなざしが主催するイベント「冬のがっこう」に参加しました

本日1月15日は小正月。
子どものころ、仕事の関係でふだんあまり休めない父親が「小正月までは正月だ」とのんびりしていたのが印象に残っている@kazunt です。

お正月をはさむと年末の出来事がずいぶん昔の事のようですが、まだ2週間ちょっと前のことなんですよね。

一般には師も走るほど忙しいとされている年末ですが、実はワタクシの場合例年あまり忙しくしていません。しかし去年の年末はちがいました。年末の12月26日〜28日にかけて日野市にあるNPO法人 子どもへのまなざしが主催するイベント「冬のがっこう」に写真とムービーの撮影スタッフとして参加して、なかなか充実した年の瀬となりました。

「冬のがっこう」は、年中〜小学校3年生までの子ども達に、真冬の寒いときに丸三日間、屋外で元気に遊んでもらおうという主旨のイベントで、この冬が2回目の開催でした。

若干の報酬もいただく撮影スタッフとしてのお仕事ではありましたが、子供達と冬を楽しみ、遊んできたというのが本当のところ。

撮影した動画は残念ながら公開できませんが、使用許可をいただいた写真を数枚紹介します。

真冬なのに川にじゃぶじゃぶDSC 6012

擁壁によじのぼりDSC 6105

大きな木に登りDSC 6188

牛さんとふれあいDSC 6243

山道もなんのそのDSC 6384

自分には子どもがいないので、参加前には子ども達とうまくふれあえるのか少しだけ不安はありましたが、1日目より2日目。2日目より3日目と子供たちとの距離が近づいてきて、終盤には撮影に支障がでることも(笑)。

このイベントを主催したNPO法人 子どもへのまなざしの活動についてあれこれ語るのは野暮というもの。とにかく楽しい体験だったし、充実した3日間でした。

呼んでいただけるのなら「夏のがっこう」にもぜひ参加したいと思っています。

2013-01-03

2013年最初のサイクリングは江ノ島往復

ロードバイクに乗ってペダルを漕いでいると、いつの間にかAKB48の曲を口ずさんでいる@kazunt です。

昨日,1月2日に近所の自転車仲間(オヤジ)2人と一緒に2013年の漕ぎ初めに行ってきました。 橋本から境川沿いをずーっと南下。目的地は江ノ島です。

朝8:00に近所のコンビニで待ち合わせて出発。

漕ぎはじめてちょっとは寒かったものの、すぐに軽く汗ばむ程度になり、ペダリングも軽やかにぐんぐんと南下。
途中休憩した境川遊水池公園では75歳のロードバイカーとお話しをして驚愕しました。なんと乗鞍や箱根などあちこちのヒルクライム競技に出場されているとか。
40代の我々も負けてはいられないなと思った次第。(写真を撮らせていただけばよかった……)

写真 2013 01 02 10 16 11

海に近づくにつれ向かい風が強くなり、きつくなったものの、何とか江ノ島に到着。

写真 2013 01 02 11 11 35

腹もかなり減ったので、島に渡り、同行者の好きな魚料理のお店へ。

食堂のいのうえ

お店の人が、「刺身定食、しらす定食、煮魚定食を1つずつ注文して3人でわけるといいよ」というので素直にしたがいました。煮魚は金目鯛を指定。

刺身! 身がしっかり。歯ごたえがあって美味い!刺身!

金目鯛の煮付け。甘めのタレでこれまた美味い。金目鯛の煮付け! でかい!

タマネギとシラスのかき揚げと塩辛。この自家製塩辛が美味い!写真 2013 01 02 11 34 48

内容のわりにお手ごろ価格で、大満足なお昼を食べて帰路につきました。

相変わらず風はつよいのですが、こんどは追い風ですいすいと進みます。

途中ジェラートを食べるべく飯田牧場に立ち寄りましたが、カップアイスのみの販売だったため、バニラアイスを食べました。
カップもすごく美味しかったのですが、やっぱりジェラートを食べたかった。

写真 2013 01 02 14 19 28

往路の向かい風でかなり足をつかったからか、終盤で膝がかなりきつくなったものの無事に帰宅。

今年は去年以上にもっともっとロードバイキングを楽しみたいなと思いつつ楽しんだ、漕ぎ初めのサイクリングでした。

2013-01-01

2013年 新年に思う

たった一日たっただけで、気分が変わる。
これが、大晦日〜元日の面白いところ。

大晦日には紅白をみて(主にPerfume)、0:00に一陽来復を貼り、起きたら祝い肴三種がはいったおせちと雑煮を食べ、氏神様に初詣に行き、年賀状の返信を書いた。

写真 2013 01 01 19 18 55

ごくごく平凡な元日のすごしかただが、この1年に一度の過ごし方が、やはり区切りを感じる。


たかが区切り、されど区切り。
やはり、正月は歳神さまをお迎えするという神事なんだなということをつくづく思う。


さて、そんな平凡な過ごし方で始まった今年、2013年はどんな年になるのだろうか?

去年あらたにできた縁で頼まれた「仕事」は、こういうことがやりたかったんだというものばかりで、やっていて楽しくてワクワクすることばかり。

(ちなみに、自分は「稼ぎ」と「仕事」は違うものだと思っている。「稼ぎ」は生活の糧をえる行為。「仕事」はだれかのためになる活動。)
 
一昨年、去年から引続きの大問題はおいておいて、この流れは今年さらに加速し、もしかするとメディアに関わる仕事もするかもしれない。

自分の場合、過去を振り返ってみて、自らあれこれ考えて動くより、多くの人と関わって、その流れにただ身を任せて、頼まれたことをしていく方がいろいろと良いことが舞い込んでくることに気がついた。 

それで、去年はとりあえず懸案事項はおいておいて、流れにまかせ、なるべく人と関わって楽しく時間をすごすようにしてみたところ、今の心地よい流れになってきている。

引続きこの流れに乗り、静かに身を任せてみたいと思う。