2012-04-19

長く患っていた病を克服したかもしれない件

春。桜の咲くころに、クルマの窓を全開にして走る。
さわやかな空気を吸いながら公園を歩く。

こんな当たり前のことがこんなに気持ちのいいことだとは知りませんでした。

今年のスギ花粉の飛散量はさほどでもないと言われていましたが、花粉症の方はそれなりにきつかったようです。

ワタクシも20年以上春先のアレルギー鼻炎と目のかゆみなど、花粉症の症状に悩んできました。 特に鼻炎がひどくなると、副鼻腔の痛みがひどくなり夜も眠れないなど、ひどく苦しんだものです。

ところが、この春は全く、一度も、それらしい症状がでないまま、お彼岸が過ぎ、桜が咲き、そして散り、気がつけば4月ももう後半。GWを迎えようとしています。

どうやら、ワタクシは20年以上患っていた花粉症を克服したようです。



なにをしたのかというと、毎日ヨーグルトを食べ続けただけ。

食べ始めたのは去年の1月頃なので、すでに1年以上経ちました。
食べる量は200g以上/日ですので結構な量です。

当初は森永 ビヒダス プレーンヨーグルトを買って食べていましたが、震災の後入手が難しくなった時期があり、それ以降は、フジッコのカスピ海ヨーグルトを種菌とした自家培養のカスピ海ヨーグルトを食べています。



自家培養といっても、少量のできたヨーグルトを煮沸消毒した長いスプーンですくい、種菌を投入する分の牛乳を除いた1リットルの牛乳パックに投入。

すこし混ぜて、以前ケフィア倶楽部からいただいた発酵ヘルパーを巻いておいておくだけ。これからの季節は常温に置いておくだけでも大丈夫だと思います。

これで、6〜8時間後には固まり、ヨーグルトになっています。
これを概ね4日のスパンで繰り返すので最初は面倒でしたが、ほぼ一年継続して慣れてしまいました。
また種菌にするヨーグルトは時々フレッシュなものに入れ替えるのがいいそうです。
毎日200g食べるのはなかなか大変なので、私の場合カルピスと少量の牛乳とブレンダーでまぜ、飲むヨーグルトにしてとることがほとんどです。

花粉症で悩んでる方。
1年後の快適な春を目指して、いまからヨーグルトを毎日200g食べてはいかがでしょうか?