2012-06-18

Facebookでの人間関係トラブルの原因のほとんどがこれ

mixiの衰退に反してすっかり定着しつつあるFacebookですが、ここのところグループでのやりとりを発端とするトラブルを頻繁に目にするようになりました。

その中でも、嫌な人と「友達」になっていて切りたいけど切りづらい。というのを多くみかけます。

大抵の場合はこんなパターン

SNSでしか知らない人だけど、グループ内でコメントや「いいね!」をもらったから友達申請
→相手はそれを承認
→でも、どちらかがトンデモな人だった……

これって根本的に友達申請するほうも承認するほうも間違っています。

ヘルプセンターにこのような記述があります。

Facebookは実世界の友達や家族、個人的に知っている人と交流するための場です。友達リクエストは、友達や家族、同僚、同級生など、実生活の知り合いだけに送るようにしてください。

そうFacebookは実生活でつながりがない人と友達になることは推奨してないんです。

これを教えると驚かれることさえあるのが、私としては逆に驚きです。

友達としてつながっていない方との交流はどうするのか?
それはグループで交流するのを推奨しているようですね。また、フィード購読という機能を用意しています。

グループ内でアクティプに活動していると、友達申請を頻繁にもらうようになります。でも、それを承認するのは、よくよく考えたほうがいいですよ。

システムをどう使おうと勝手と言えば勝手なのかもしれませんが、人間関係でトラブるとあとあと面倒ですからね。