2011-04-20

テレビ視聴ソリューションを見直す

検討していたテレビは、東芝 REGZA 37Z1Sに決定して、昨日納品されました。

価格.com の最安値のショップで、66,480円。
これが4ヶ月前には16万円台で売っていたそうで……
なんともはや。

この機種の機能をフルにいかすためには、テレビ信号の入力を見直す必要があることに気がつきました。



現在はJ:COMのCATVサービスに加入しているのですが、J:COMがパススルーで信号をだしているのは、地デジのみ。

CSはおろかBSも出力されていません。

これでは、トリプルチューナー(CSはダブル)のREGZAのハードディスク録画機能が活かせないということで、検討したのは。

  • ひかりTV
  • フレッツテレビ+スカパーe2
  • 自前アンテナ

の3種類

ひかりTVはREGZAで録画はできないとのこと。
いまどき番組の放映時間ぴったりにテレビの前にいなくてはいけないなんてだめです。

フレッツテレビは、光ファイバーケーブルのIP通信に利用しない帯域をつかって放送波の信号を送るというなかなか面白いサービス。

そうは言っても、地デジ, BS, スカパーだけで、まさかFMラジオはないだろうなとおもったらしっかりありました。
いまもFMラジオはJ:COMの再送信を利用しているので、これがあると助かります。

スカパーの番組もREGZAで録画できそうだしこれが一番かな。
金額は月682.5円。自前アンテナを立てると必要がないのですが。
(しかし.5円ってなんだろう?)

そして自前アンテナ。
これが月額費用がかからないので一番よさそうですが、実にやっかいです。
地デジアンテナ+CS/BSパラボラだけでいいかとおもいきや、FMラジオのアンテナが必要だし、tvkをみるには鶴見の送信所に向けて地デジアンテナをもう一つ立てて、UHF+UHF混合しないとだめらしい…

アンテナ4つって……

新規に配線が必要だし面倒すぎます。

ということで、フレッツテレビにしてみようと思います。

現在、J:COMの電話はとりあえず残すとして、CATVの方はハードディスクレコーダー付きのSTBを借りているので、電話+テレビの毎月の費用は少しだけ安くなる感じです。

CATVのSTBがなくなるので、機器類がシンプルになるのが嬉しいですね。