2009-07-16

ロッテリアの「絶妙ハンバーガー」は肉を味わえる大人向けのバーガー



今日から、「絶妙ハンバーガー」がロッテリアで発売される。

おいしくなかったら返金という、前代未聞のキャンペーンをはるほど、ロッテリアが自信をもつこの新製品を、一足早く体験できるブロガーイベントが、AMNのコーディネイトで開催されたので参加してきた。

ロッテリアの方によるプレゼンと、スペシャルゲストの紹介・握手会のあと、参加者に新製品の「絶妙ハンバーガー」が配られて試食の開始となった。

一口食べて感動したのが「肉」の存在感だった。
「肉」を食べている実感を歯ごたえで感じることができ、 しかもその肉が美味しい。

これが、通常のミンチでは2〜3ミリのところを、12ミリという超粗挽きで作った効果なのだろう。

パティに練り込まれていると思われるスパイスと店舗で焼く際に振られるという塩も、肉の味を引き立てており、肉を飲みこんだあとにスパイスの風味がふわっと口の中に残るのが心地よい。

野菜もハンバーガーとしてのバランスにこだわり、例えばトマトならゼリーの少ないものを採用している。

ソースは西洋わさびを使用した本格的なもので、スパイスの効いたパティとこだわりの野菜によくマッチしている。

このハンバーガーは、パティの焼の際の塩振り、たまねぎのスライス、など店舗での調理工程がとても多いそうで、とても手間がかかるのだそうだ。
お店で調理というと、モスバーガーが思い出されるが、絶妙ハンバーガーの味はモスバーガーのどの通常商品よりも美味しいと思う。

正直、前回の絶品チーズバーガーはリピートして食べたいとは思わなかったのだが、今回の絶妙ハンバーガーはこれを食べにロッテリアに行こうという気になれるものに仕上がっていると思う。

会場となった、ロッテリア 原宿竹下通り店。
周辺はおしゃれでかわいい女の子達であふれ、私のようなオヤジには場違いな雰囲気だ。





スペシャルゲストは、WBC世界フライ級チャンピオンの内藤大助選手とタレントの安西ひろこさんでした。

内藤大助選手はとてもフレンドリー。

間近でみる安西ひろこさんはテレビで見る以上にかわいい女性で笑顔がとても素敵でした。