2009-01-21

Google Apps: ユーザーにSSL接続を強制するための設定

ブラウザで、GmailやGoogleカレンダーにアクセスする際、httpをhttpsにすることでSSL接続になるのはよく知られているが、Google Appsの場合は、ドメインの管理者がこれを全ユーザーに適用できる。 その手順は下記の通り。 1.管理しているドメインのコントロールパネルにアクセスし、[ドメインの設定]をクリック。
2. [ドメインの設定]ページに[SSL]という項目があるので、[SSLを有効にする] にチェックを入れて、[設定を保存]をクリック。
3.こうすると、Gmailの設定にある[ブラウザ接続]という項目で、[常にhttpsを使用する]しか選択できなくなる。
たったこれだけなのだが、少しでもセキュアにGoogle Appsを使用させたいと考える管理者にはおすすめの設定だ。 また、Google Appsでは、各アプリケーションにアクセスするURIをカスタマイズできるのだが、この設定をするとそのURIからのリダイレクト先が httpsから始まるものに変わる。 これも管理者にはうれしい機能だろう。