2009-01-17

マンション売却

所有している都内のマンションの売買契約を結んできた。 不動産の売主になるのはこれが初めてだったが、売却した物件には住んだことがないためか強い思い入れはない。 今回とても印象的だったのは、買主の方が、「理想にぴったりの物件が見つかった」ととても喜んでいたことだ。 こちらが満足できる金額で買っていただいたということ以上に、このことがとても嬉しかった。 また、昔から言われている「不動産と結婚は縁」ということを改めて実感した。 札幌の不動産投資家 加藤ひろゆき氏の著作「借金ナシではじめる激安アパート経営 不動産投資でつとめ人を卒業する方法」で、感動的な契約締結の場面が紹介されているのだが、そのときの売主さんの気持ちもこんな感じだったのだろうか。
不動産投資を収入の柱にしていくこれからは、何度となく不動産の売買契約を結ぶことになるはずだ。 そのときにも今回の様な感動的な取引になればこんなに嬉しいことはないだろう。
it was good day!