2009-01-14

山本印店にいってきた

昨日書いた通り、三宿の山本印店にいってきた。

1時に三軒茶屋駅で家内と待ち合わせ。ベイカーバウンスで大きく美味なハンバーガーを食べてから、徒歩でのんびりと三宿へ。

R246沿いにある三角屋根の小さな建物がそれだった。

着くと、ちょうど、2つ前の順番の方がでてきたところで、すぐに店内へ。ちいさな紙に夫婦二人の名前を書いて渡す。

ちいさなお店なので、前の方へのアドバイスは、まるまる聞こえてしまう。


そして私たちの番がやってきた。
使っている印鑑を渡すと、ご主人がしばらく眺めたあと話が始まった。


子供がいないことはすぐにお見通し。

どうしてできなかったのかもお見通し。

そして、子供がいないことにより困るのは、家内の父方の先祖をまつるものがこの先いなくなるということ。

たしかに、私の方は父方、母方ともに問題ないし、家内の方の母方も問題ない。まさに家内の父方だけが絶家となる。

家内の父方の先祖をまつるものがこの先いなくなる。それを止めるために、今日あの場所にいくことになったらしい。

私達夫婦のこれからのミッションはそこにあるようだ。

私のことは、自分を悪者にすればいいと考えている、優しすぎる人だとのこと。そして、ものごとを先導するのは家内で、それをサポートする立場にいて、それを幸せに思っている人なんだとか。


言われてみれば、仏道修行にしても気学にしても、結婚してから新たに始めたことは家内の勧めであることがとても多いのだが、そういうことだったとは。

それ以外の話はほとんど家内に向けてのことだった。
厳しいことも言われたのだと思うが、とても暖かみを感じるアドバイスで、清々しい気分でお店をあとにした。

最後に言われたのは、12月21日から運命が変わっているということ。

実は、昨日の夕方、所有しているマンションの売却が決まったのだが、媒介をお願いした不動産屋さんにマンションを見せたのが、12月21日だったのだ。
それまで、そのマンションに関してはいろいろ苦労してきているので、ここまでズバリ言い当てられてしまうと、感服するより他ない。



it was good day!