2008-10-31

銀行口座を増やしてしまった

すでにもっている銀行口座を書き出してみると、、、
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 東京都民銀行
  • セブン銀行
  • りそな銀行
  • 八千代銀行
  • 新生銀行
  • ジャパンネット銀行
  • イーバンク銀行
なんと、9つあった。 これらのうち最初の4つは、休眠状態でほとんど利用していないが、残りの5つは住宅ローンの引き落し、給与の振込先、クレジットカードの引き落し、勤務先の経費振込先、ネットオークションの決済用、等々様々な目的で利用している。 一つに集中した方が良いのかもしれないが、勤務先の指定であったり、住宅ローンの借入先であったり、やむにやまれぬ事情があってこうなってしまった。 この5つの銀行のうちメインで使用しているのが新生銀行だ。 新生銀行は振込手数料無料(回数無制限)・ATM利用料24時間365日無料という衝撃的なサービスで登場した。 しかし、振込手数料無料の回数はだんだんと減って行き、とうとうこの7月にはたったの1回になってしまった。また、もともと使いやすくはなかったネットバンキング・モバイルバンキングが、ログインの際に乱数表を使うようになりかなり面倒になってしまっている。 そんな中見つけたのが、以下の2点が魅力の住信SBIネット銀行だ。
  • ATM利用手数料は24時間365日無料(セブン銀行・ローソン・イーネット)
  • 他行あて振込手数料3回無料。4回目以降1回150円
まるで、かつての新生銀行のようなサービスだが、振込手数料が、無料の回数を超えても150円と安いのは大変ありがたい。 ということで、早速口座開設の申し込みをした。 これでネットバンキングの使い勝手が良ければ、メインの銀行として利用することになるかもしれない。
住信SBIネット銀行 https://www.netbk.co.jp/

2008-10-30

小説を読まない日々・成功本を読む日々

私は読書家と言われる範疇には入らないと思うが、割と沢山の本を読む方だと思う。 かつては、読む本のほとんどが小説で、とりわけSF小説をむさぼるように読んだものだが、ここ半年以上は小説自体を一冊も読んでいない。 小説が嫌いになったわけではない。「成功」を目指す私には、読まなくてはいけないビジネス書や自己啓発本が多すぎて、娯楽にしかすぎない小説を楽しむことに割く時間がないのだ。 そんな私が、ここ最近読む本を選ぶ参考にしているのが、水野俊哉氏の著作 「成功本50冊「勝ち抜け」案内」「成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 」 だ。
最初にこの本を見たときには、「他人の褌で、、、」と思ったのだが、手に取ってみて良書であることがわかった。 ビジネス書や自己啓発本といった「成功本」の紹介が中心になっているのだが、この本自体が成功本になっているのが大きな特徴だろう。とくに、「成功本50冊、、、」の最初に書かれている著者の体験を基にした小説は心に迫るものがあり、否が応でも闘志をかき立てられる。 この本で紹介されているのは、必ずしも独立・起業のための本だけではない。企業の中での成功、投資家としての成功、そして人としての成功を目指すための本も紹介されている。 成功したいと思っている人には、この本をここで薦める必用はないだろう。 「成功」という言葉を聞いて、短絡的に金銭的な豊かさのみを連想してしまう人や、成功など自分には縁がないと思ってしまう人にこそ、この本と、この本で紹介されている本を読んでもらいたいと思う。 追記 著者のblogに、「「成功本51冊もっと勝ち抜け案内」の読み方」というエントリがあったので紹介しておく。 水野俊哉の日記 : 成功本51冊もっと勝ち抜け案内! 水野俊哉の日記 :「成功本51冊もっと勝ち抜け案内」の読み方

2008-10-29

親指シフトを始めてから


日本語入力の方法を、ローマ字入力から親指シフトにスイッチして、八ヶ月が経過した。

専用の親指シフト配列のキーボードでなく、JISキーボードで始めたので、最初はキーの位置を覚えるのが大変で、配列の画像を見ながらのたどたどしいスタートだった。 
しかし、二週間を過ぎたころから配列を見る必要 がなくなり、一ヶ月を過ぎた頃にはそれまでのローマ字入力と同等のスピードで文を書けるようになっていたと思う。 

そして、いまはローマ字入力の環境でも、さっと親指シフトの形に手が動いてしまう様になった。 また、使っているキーボードの好みも変わり、それまで好きだった打鍵感のしっかりしたものではなく、ストロークが浅いラップトップのキーボードが好きになってきた。

また、左右の親指のシフトキーとなる、「変換」キーと「無変換」キーの位置がとても気になるようになり、できるだけ真ん中に寄っているものを好むようになった。 自宅ではMacBookを愛用しているのでいいのだが、職場のWindowsPC用にはLenovo ThinkPlus USBトラベルキーボードを自腹で購入して使用している。

このキーボードはThinkPadの安い方のモデルのキーボードと同等なのだが、親指シフト入力にはとても向いていると思う。 

そもそも、どうして慣れ親しんでいたローマ字入力をやめて、マイノリティともいえる親指シフトを始めたのかというと、尊敬するマインドマッパーである、やまもとさをんさんのこのblogエントリーと、勝間和代さんの著作「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」の影響によるものだ。 

本当に効率がアップしたのかどうかは、ベンチマークテストをしたわけではないので、数値化などはできないが、文章を楽に書くことができているだけでなく、書く文章の質が良いものに変わってきたように感じる。

これは親指シフトで文を書くことが、ローマ字より脳の負担が少ないからなのだろうと思っている。 

入力方式の変更により、文章の質が変わるということが信じられないかもしれないが、携帯電話でのメールとパソコンのメールで明らかに文体・質が違うことは珍しくない。

また、手書きの文もしかりだ。 脳に負担の少ない方法でアウトプットを出しつつ、その分を他の知的生産に振り分ける。 なんと、素晴らしいことだろう。でも何かに似ているような。。。


2008-10-28

雇用契約終了は撤回?

今の仕事は、2月と8月に毎回6ヶ月の有期雇用契約を更新してきていて、今度の2月でちょうど4年となる。 この8月の契約更新の際には、「次回の更新はしない」との通知を受けて、素直に同意して更新契約を交わした。 これだけの長期にわたって更新を繰り返している場合、更新しない理由を文書で提示することを要求できるのだが、正直言って「潮時」かなと思っているのと、この更新手続きでからむ人事の長とは良い関係ではないので、そのまま受け入れることにしたのだ。 ところが今日、社長命による新規事業企画のミーティングに出席して社長と話していると、どうも話がかみ合わない。 ある新規サービスのアイデアを考えて持っていったのだが、こちらは2月で契約終了することが前提となっているので、どこか他人事のような気分になっている。ところが、社長の言い方は全くそんな雰囲気ではない。 不思議に思って訊いてみたら、社長は契約終了のことは全く知らなかった!!! 社長との縁故で、今のところで働いているので、私自身は社長の同意は当然得られているものだと思っていたのだが、どうも、人事の長が独断でやったことのようだ。 私もびっくりしたが、社長もとても困った様子。 「この件は預からせてくれ」と言われて、一応了解の意思はしめしておいたものの、こちらとしても2月で終了ということで、新たな出発の準備を始めている。いまさら契約終了を撤回されても困る。 さてさて、どうしたものか。。。
it was a good day? or a bad day?

2008-10-27

Trackback機能を追加した

このブログのURIは独自ドメインだが、Bloggerのサービスを利用している。 Bloggerには、Trackbackの機能がないため、 HaloScan.com のサービスをインストラクションにしたがって設定してみたところ、コメント機能もHaloScanのものに置き換わってしまった。 コメント機能はBloggerのものを利用したいので、なにか方法はないかと、Googleで検索してみたらちゃんと先人がおられた。 以下の記事を参考に設定してみたところ、TrackbackはHaloScanの機能、コメントはBloggerの機能となった。 先人の知恵に感謝! 念のため、下記のエントリを利用してちゃんと動作しているか確認してみる。

2008-10-26

天才BBQに参加してきた

天才BBQというイベントに参加してきた。
 「天才BBQ」 まったくもって聞き慣れない名前だが、要はアウトドアでバーベキューを楽しんできた。ただそれだけなのだが。。。

集まったのは、職場の仲間などではなく。「天才温泉」という一種の勉強会の関連の方々。 私自身は、この「天才温泉」には参加したことが無いのだが、「天才温泉」を主宰している倉橋先生が代表をつとめるアイネスト株式会社が7月に開催した、「イラスト・シンキング初級講座」というセミナーを受講したご縁で、今回案内をいただいた。 

内容は普通のバーベキューと変わらないが、倉橋先生や「イラスト・シンキング初級講座」の講師・やまもとさをんさんを始めとする、参加者のほぼ全員が、フォトリーダー・マインドマッパーという、ある意味異色の集団(笑)。

みなさん、自己能力開発に対するモチベーションが高い方々なので、お話していて楽しいだけでなく、とても刺激になった。 

また機会があれば、こういったイベントに積極的に参加していきたいものだ。

 天才温泉
倉橋先生のblog「 毎朝1分★天才のヒント」 イラスト・シンキング初級講座  
イラスト・シンキングの講師やまもとさをんさんのblog 「マインドマップ1年生 plusフォトリーディング!」

 実は私自身は、まだフォトリーディングのセミナーにも、マインドマップのセミナーにも参加したことがない。 マインドマップは書籍やムックをみながら自己流で書いているが、ぜひ倉橋先生のセミナーに参加したいと思っている。

 そして、フォトリーディングも。。。

it was a good day!

2008-10-25

ECコンサルタントの先生に相談

夕べ、ニューヨーク在住のECコンサルタントの先生と、直接Skypeの音声通話でお話しすることができた。 いま学習しているEC関係教材の核となる、電話相談の第1回目だ。 約30分間、海の向こうにいる先生とお話をして、目から鱗のアドバイスを沢山いただいた。 いままで、いろいろなセミナーや教材で勉強してきたが、正直言ってここまで「これならやれるかもしれない!」という感覚を強く感じたのは初めてだ。 とてもモチベーションが高まってきている。 形になってきたら、このblogでも報告することになると思うが、まだ今は伏せておこう。
この、ビジネス。必ず成功する!
it was a good day!

2008-10-24

決意

この決意をいつしたのか、自分でも覚えていない。

おそらくここ二年以内のことで、そう昔ではないのは確かなのだが、誰かに向かって声高に宣言したわけではないし、どこかに書いたわけでもないので覚えていないのも当然だろう。

多くの成功法則を説く書物に、「夢をかなえるためには紙に書きなさい」というようなことが書かれている。

そういうことを読んでいながら、なぜ行動していなかったのかは、大いに反省するべきところであるが、肝心なのはこれからの行動である。

ということで、その決意をここに記す。

「私、富永和則は、『成功』して自分と自分の周りのすべての人を幸せにする。

なにをもって成功とするのか? 

それを定義するのは難しい。
多くの人は「金銭的に豊かになること」=「成功」と思うかもしれない。

だが、僕がイメージしているのは、金銭的な豊かさだけでない。
いつも、心が落ち着いていられる、そんな環境を手に入れて、穏やかでいる。
そういう状態をイメージしている。

それには、ある程度の金銭的な豊かさも必要になるし、時間の自由も必要だろう。
また、精神的な修行もしなくてはならない。

それは決して楽な道ではないだろう。しかし、自分と周りの人達の幸せのために自分がすすむべき道であることを確信している。

このblogもそんな自己実現のために始めた。

といっても、このblogにはいろいろ雑多な事柄を思いつくまま書いていくことになると思う。

そんななかから、成功につながる様々な「縁」がえられると信じて。。。

平成20年10月24日 blogを始めるにあたって記す。 富永和則