2008-12-18

シマンテックの検証用データセンター見学 : 「第4回 ノートン・ブロガーズミーティング」

AMN主催の「第4回 ノートン・ブロガーズミーティング」に参加してきた。 第4回とはなっているが、私が参加するのはこれが初めて。 今回の目玉はシマンテック社のデータセンターを見学できるということ。 データセンター自体は、マイクロソフトの社員だった時代には職場そのものだったので、とくに珍しいわけではないのだが、血が騒ぐといったらいいだろうか、やはり興味があった。 シマンテック社の藤田幸雄氏からのブリーフィングの後、見学開始となった。 入室した瞬間耳に入ってきたのは、強力な空調と機器のファンが発する音のミックス。 この音を聞いて、懐かしさを感じたのは参加者の中でも私だけだったかもしれない。 今回見学対象となったのは、ジャパン・エンジニアリング・センターという施設で、データセンターというよりは、検証ラボという性格のものだ。 私がマイクロソフト時代にマネージメントを担当していた、社内用途のデータセンターと大きく異なるのは、機器ベンダーの数が多いこと。 通常、社内用途のデータセンターでは、メンテナンス性向上のため極力ベンダーを統一するのだが、ここでは、動作検証のために、多くのメーカーのサーバーやストレージをデータセンタークオリティの施設に設置している。 シマンテックはクライアントセキュリティソフトで有名ではあるが、2005年にベリタスを買収してから、ストレージ管理やバックアップソリューションなどの製品を一気に増やした。 それらのエンタープライズ向け製品の検証の施設が、このジャパン・エンジニアリング・センターということなる。 データセンター見学の後、懇親会が開かれ、シマンテックの方とかなり濃い話をすることができた、特に、面識はなかったものの、同時期にマイクロソフトに在籍していた方とは、少しばかり懐かしい話もできて、大変楽しい夜となった。 今回、お土産に頂いたのは、マウスパッドとしょこたんカレンダー。 そして初参加だった私にはNIS2009(NFR版)も。 NISはMacBookにBoot campでインストールしてある、Windows XPで使用してみようと思う。 貴重な機会を作ってくださった、アジャイルメディア・ネットワークさんとシマンテックさんに感謝!
it was good day!