2008-11-10

気学を勉強している

Profileにも書いてあるが、「気学」の勉強をしている。 ここ数年間、色々とうまくいかないことが多いとは思っていたのだが、あるとき、現在の住まいを新築して引っ越す際に、歳破というとんでもない大凶方位に引っ越してしまったことに気がついた。 それについての相談を、大阪から定期的に出張鑑定にいらしている、気学の先生に相談しにいった。 そこで、過去の移転方位の分析をしていただき、その対策も教えていただいた。 事前にいろいろ勉強していったからなのだろうか、帰り際に「勉強しにきたらいい。」という様なことを言われて、素直に弟子入りすることにした。 弟子入りと言っても、他にも受講者がいる、月一回の教室という形になっている。 順調にいけば、来年の秋には、人を観られる様になる予定だ。 「気学」は、タウンページなどでは占いに分類されているが、「当てもの」ではないので、正確には占いではない。 では、なんなのか? 一言で言ってしまえば、「方位と家相」を観るもの。 つまり、 「吉方に移動しましょう」 「いい家相の家を建てて住みましょう」 ということ。つまり、開運徐災の方法ということになるだろうか。 いろいろな成功本を読んでいて気がついたのだが、成功している多くの方々は、どうもこういった方面の「力」も活用しているふしがある。 もちろん成功するには、自らの頑張りが大前提だ。 その上でこういった目に見えない「力」を使うということも必要なのかもしれない。